スポンサーリンク

桜の花の栄養効果って何?アンチエイジングと女性に嬉しい効果とは?

桜の花の栄養効果って?

 

皆さんは春といえば何を思いつきますか?

春の花で思いつくのが桜!桜の花といえば、日本の国花の一つでもある桜。

春をイメージする桜には栄養効果があり、女性に嬉しい効果があるのでまとめてみました。

よろしければご覧ください。

 

スポンサーリンク

桜の花の女性に嬉しい効果って何?

桜の花といえば日本の国花で日本では春の花のイメージなどピンク色で可愛らしく見ていると

癒されませんか?

桜の花びらから抽出されるエキスには老化現象の原因「糖化」を抑制する効果があり、肌に

ハリをあたえる成分の生成などを促進する働きが期待でき、乾燥・シミ・しわ・など女性の

肌トラブルの救世主といえるでしょう!

また、桜の香りにも効果がありリラックス効果・二日酔い防止・抗菌作用などの効果が

期待でき、桜の花のエキスには免疫力アップ・ストレス緩和・リラックス効果も期待できるので

試してみるのも良いのではないでしょうか?

身近で手頃に手に入る商品で桜の花の塩漬けがあります。軽くすすいで塩気を取り緑茶に入れて

飲むなど料理の彩りとしても美味しくいただけて見た目もキレイです。

 

 

ほかにも桜餅や桜あんパンなど、はちみつ漬けにしても美味しくいただけます。

 

 

ただ注意として大量摂取は避け、必ず少量にしましょう!

肝毒性や腎毒性が懸念されます。

引用元:educe-shokuiku.jp

 

スポンサーリンク

桜の花言葉

桜は日本の国花という位置づけから、日本国、日本人の品格を表し桜の花の美しさからイメージされる『精神美』『優美な女性』『純潔』が桜の全般的な花言葉とされています。

 

スポンサーリンク

日本人と桜

日本では果実を食用するほか、花や葉の塩漬けも食品などに利用され、平安時代の国風文化の

影響以降、桜は観賞用途『花見』で特別な位置を占めるようになり当初、鑑賞の対象とされる品種は

野生の山桜であった。優れた個体に接ぎ木の方法で増殖させ、様々な品種が開発され花見用とされ

平安時代には八重桜が接ぎ木により増殖されたことで、「しだれ櫻」「糸櫻」が存在していた。

文献にも記録されている。

鎌倉時代以降、周辺に自生するオオシマザクラが栽培されこれが、京都に持ち込まれたと考えられて

おり、室町時代にはオオシマザクラを由来とするフゲンゾウ、ミクルマガエシ等が生まれ江戸時代に

オオシマザクラの優れた特質からカンザンなど多種のサトザクラ群やソメイヨシノ(染井吉野)が

生まれ河川の整備に伴い、護岸・美観維持のため積極的に植えられ江戸時代末期には現代の日本で

見られる大差のない300種類を超す多種の品種が存在するようになった。

引用元:wikipedia

 

タイトルとURLをコピーしました