スポンサーリンク

羽生結弦展 共に前へ一般開催スタート!あの日、そして今

「羽生 結弦展 共に前へ」
出典元:twitter

東日本大震災のあったあの日、そして今『羽生結弦展 共に前へ』が東京・渋谷区文化総合センター

大和田にて一般開催スタート!

スポンサーリンク

羽生結弦展 共に前へ一般開催

16日東京・渋谷区文化総合センター大和田にて一般公開がスタートした。

2011年3月11日、未曾有の東日本大震災から10年となるのを受け、当時16歳だった羽生結弦選手が

避難所での経験や被災地で出会った人々との日々を現在に伝える展覧会となっている。

文化総合センター大和田はJR渋谷駅から徒歩5分と利便性は高く145平米の手頃な大きさで、羽生選手の人気を考えるとキャパシティはかなり小さめで、入場は無料となっており事前にアプリで予約が必要。新型コロナウイルス対策がとられている。

羽生家が震災後の日々を送った住居スペースも再現されていて、2畳にも満たない住居スペースが足元に敷いてあり、閲覧者の方で住居スペースだった事に気付かぬまま通り過ぎた方もいた。

壁際には、「自分たちの住んでいた町が崩壊していく悔しさを感じた」という羽生選手自身の言葉が

掲げられていた。夜に避難所の外に出て、空を見上げた際「僕らは真っ暗な状態 全然立ち直れなかったのに、星がすごい輝いていた。希望の光だと感じた」と羽生選手の感情が綴られていた。

羽生選手が復興に向け、各被災地を慰問した際「ここには本当に家があって夜はここで寝ていた。犠牲者の数がどれだけ重いか改めて感じる」と綴っている。

「いろんな人たちの気持ち想いがある。自分が感じた思い、聞いたことを少しでも広げていけたら」と自身の使命感が伝えられている。

スポンサーリンク

改めて羽生選手の凄まじさをコロナ禍という逆風下での期待

展示会の後半、実際に大会で着用した3つのコスチュームが展示されており、2015年「天と地のレクイエム」、2011年ショートプログラム「悲愴」そして2017年「ノッテ・ステラータ」。

「ノッテ・ステラータ」はイタリア語で満天の星という意味で、羽生選手が避難所の外で見上げた星空であろうか?

展示会は最後に「共に前へ 2021」という彼のメッセージが添えられたボードで終わる。

本展覧会は1月17日まで。1月以降福岡、宮城、大坂、宮崎を巡回予定となっている。

 

タイトルとURLをコピーしました