スポンサーリンク

羽生結弦(ANA)選手エントリー!フィギュアスケート全日本選手権

羽生結弦選手全日本選手権エントリー

羽生結弦選手が全日本選手権にエントリーしました。

ファンの皆さんは全力応援ですね!

スポンサーリンク

フィギュアスケート全日本選手権

日本スケート連盟が25日にフィギュアの全日本選手権(12月25日~27日長野・ビッグハット)の

エントリー選手を発表した。

男子の羽生結弦(ANA)選手が名を連ね、羽生選手は新型コロナウイルス感染リスクを考慮し、今季のグランプリ(GP)シリーズを欠場した。

今年3月の世界選手権は中止になっており、出場すれば公式戦は2月の四大陸選手権以来となり、男子4連覇中の宇野昌磨選手、女子で前回優勝の紀平梨花選手(ともにトヨタ自動車)、宮原知子選手(関大)も出場予定。

羽生結弦選手(25)が12月末に開催される「全日本フィギュアスケート選手権大会へエントリー!

「出場すれば10か月ぶりの表舞台となり、演技が楽しみで羽生選手がエントリーしたという事は

来年3月にスウェーデンで行われる予定の世界フィギュアへの出場をにらんでのことです。

今度の世界フィギュアは各国のオリンピック出場枠を決める重要な大会でもあり羽生選手が北京五輪への意欲が出てきたという事で、だからこそ全日本にエントリーしたと見られるんです。

(前出・スケート連盟幹部)引用元:news-postseven.com

2014年ソチ、2018年平昌五輪と2大会連続金メダルに輝いた羽生選手だが2022年の北京五輪については進退を含め慎重に言及を避けてきた。

羽生選手が3度目の金メダルを目指すとなればフィギュア界が盛り上がらないわけはありません。

彼の凄いところは五輪を目指すことはもちろん、「全日本」にエントリーしたことです。

このコロナ禍で、本人は喘息もちで「試合に出るのも怖い」と答えていました。

それでも今回のエントリーしたのは“ズル”を回避したいという気持ちからだと思います。

北京五輪への出場枠数(最大3)は3月の世界フィギュアへの出場権は「全日本」の成績を加味し、

日本スケート連盟の選考で決定する。世界ランキングトップの羽生選手は本人が出場意志を示せば大会に出ずとも連盟の選考で世界フィギュア、さらには五輪への代表入りも確実となるでしょう。

羽生選手は仲間が勝ち取った枠に「横入りしたくない」という気持ちがあり、ケガや体調などで出場できない場合は仕方ないが、出場するなら“自分で枠を獲得したい”“誰にも何も文句がない形で出場したい”と考えるタイプでフェアなんです。

この状況での出場は羽生選手からすれば命がけの選択であり、絶対王者と言われるわけです。

(前出・フィギュア関係者)

ライバル選手たちが徐々に海外の練習拠点へ戻る中、羽生選手は日本で練習を続けている。

ケガから復帰する頃、コロナ禍となり練習もままならない日々が続いていましたが1日1時間だった練習が今は3時間に延びたそうで、コーチのブライアン・オーサー氏(58)とオンラインでやり取りをしながら4回転アクセルへの挑戦にも余念がないようです。(スポーツ記者)

氷上を舞う羽生選手の姿が見たいものです。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました