スポンサーリンク

羽生結弦選手スケートと学問を両立させ9月に早大卒業

羽生結弦選手早大卒業
出典元:twitter

フィギュアスケート男子で五輪連覇中の羽生結弦選手(25)=ANAが学問とスケートを両立させ

早大を9月に卒業していたことがわかりました。

スポンサーリンク

羽生結弦選手早大卒業

羽生結弦選手がスケートと学問を両立させ、9月に人間科学部通信教育課程を卒業していたことが8日までに分かりました。

羽生結弦選手は2013年に入学、拠点のカナダでスケートと学問の両立に励んでいました。

在学中は2014年ソチ大会、2018年平昌大会とオリンピックで2大会連続の金メダルを獲得し、国民栄誉賞を受賞しています。

8月、日本テレビ系「24時間テレビ43」にリモート収録で出演した際は、3Dモーションキャプチャによるジャンプを研究テーマにした卒業論文の完成を明かしていました。自らの体にモーションキャプチャをつけて陸上でジャンプを跳び、3回転半(トリプルアクセル)をデジタル化。

「フィギュアスケートにおいて、モーションキャプチャ技術はどれだけ使えるかというのと、どういう展望があるかをまとめた論文です。」と話していた。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました