スポンサーリンク

台風14号(チャンホン)発生!大雨や暴風に警戒が必要です。

台風14号

日本の南で台風14号が発生し、現段階では進路の予測が難しく、予報円が非常に大きくなっています。

スポンサーリンク

台風14号(チャンホン)発生

伊豆諸島は土砂災害などに警戒 台風14号今夜接近で(2020年10月10日)

 

 

 

5日(月)9時、日本の南で台風14号が発生し、現段階では進路の予測が難しく、特に3日後以降は非常に大きく予報円の直径は8日(木)9時が660㎞、9日(金)9時が960㎞、10日(土)9時は1300㎞で、予報円は台風が進むにつれ大きくなるため、台風の大きさを示していると誤解されるケースがありますが、予報円とは70%の確率で台風の中心が入る範囲を示しているもので、台風そのものの大きさとは一切関係のないものです。

台風14号は今年10月の1つ目に発生した台風です。10月の台風発生数の平均値は3.6個です。

例年、10月には台風の発生数が少なくなり始めるものの、強い勢力のまま本州方面に近づくことがあるため油断は禁物なので、台風による大雨や暴風への備えをご確認ください。

最接近はいつ?

強い台風14号は四国の南を北上しており、10日(土)から11日(日)にかけて本州の南岸沿いを進む予定です。

台風の最接近が予想される時間帯は以下の通りです。

四国には10日(土)明け方にかけて、近畿には10日(土)朝から昼前にかけて、東海には10日(土)朝から夜の初め頃にかけて、関東甲信には10日(土)夜の初めころから11日(日)の朝にかけてとなるでしょう。

台風の接近とともに、風が強まり、荒れた天気となりそうです。暴風に警戒してください。

交通機関への影響にも警戒が必要です。一方、大雨には台風の最接近前から警戒が必要です。

台風の東側には秋雨前線が延びており、台風の東側に活発な雨雲があるため、最接近前から活発な雨雲がかかり続けそうです。

(引用元:tenki.jp)

台風14号は11日、八丈島の南海上を東へ進み暴風域はなくなり、南東へ遠ざかり12日午後までに熱帯低気圧に変わる見込みで気象庁は、伊豆諸島では土砂災害に警戒をし、強風と高波に注意するよう呼びかけた。

 

 

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風14号の名前「チャンホン(Chan-hom)」はラオスが提案した名称で、木の名前が由来になっています。

(引用元:ウェザーニュース)

 

スポンサーリンク

台風発生時の天気痛を軽減する“耳マッサージ”

台風発生、接近に伴い“天気痛”に悩まされる方に痛みを軽減する「耳マッサージ」

をご存じでしょうか?

「気象病」を軽減する「耳マッサージ」があるのをご存知ですか?

耳マッサージは台風だけでなく、下り坂の天気や寒暖差による天気痛も予防・改善できるかもしれません。

よろしければ、無理のない範囲で続けてみるのもよいのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました