スポンサーリンク

天使にラブソングを!デロリスと修道院の仲間たち元気をもらえる名作

天使にラブソングを
出典元:twitter

皆さんはステイホーム時間をどのように過ごしていますか?

『天使にラブソングを』を観てゴスペルが好きになった方、デロリス役のウーピー・ゴールドバーグさんのファンになった方、元気をもらえた方などさまざまな感想をお持ちの方がいるのではないでしょうか?

5/15(金)金曜ロードショー9:00から放送されますね!元気が出る傑作コメディー!!

見忘れなく!

スポンサーリンク

作品動画紹介

【歌詞・直訳】Hail Holy Queen/『天使にラブ・ソングを』より【映画】
スポンサーリンク

あらすじ

デロリス(ウーピー・ゴールドバーグ)は、ネバダ州の小都市・リノのクラブシンガーで、町を仕切っている大物のマフィアのボス、ヴィンス(ハーヴェイ・カイテル)の愛人としての生活に嫌気をさしていたある日、デロリスはヴィンスが組織の裏切り者を殺害した現場を目撃してしまう。

それからヴィンスに命を狙われる事になったデロリスはサウザー警部(ビル・ナン)の計らいでサンフランシスコの修道院に匿われることに・・・。

デロリスはシスター・メアリー・クラレンスとして修道院で生活する事になるが、

修道院長と衝突する毎日を送っていた。

それでも、明るさとポジティブさを忘れずに過ごしていた。

デロリスはシスター・メアリー・パトリック(キャシー・ナジミー)やシスター・メアリー・ロバート(ウェンディ・マッケナ)らと次第に友情を育むようになっていた。

そして、ヘタクソな聖歌隊のリーダーを引き継いだデロリスは彼女なりのアレンジを取り入れて歌唱訓練に励むようになる。

彼女たちの歌声はやがて評判になり、ローマ法王の訪米を機に彼女たちの修道院を訪れることになる。

しかし、聖歌隊のニュースはヴィンスのもとに届いてしまうことに!

スポンサーリンク

キャスト

デロリス役:ウーピー・ゴールドバーグ(後藤 加代)

修道院長役:マギー・スミス(京田 尚子)

ヴィンス役:ハーヴェイ・カイテル(堀 勝之祐)

シスター・メアリー・パトリック役:キャシー・ナジミー(信沢 三恵子)

シスター・メアリー・ロバート役:ウェンディ・マッケナ(石川 悦子)

シスター・メアリー・ラザウス役:メアリー・ウィックス(牧野 和子)

サウザー警部役:ビル・ナン(西村 知道)

ジョーイ役:ロバート・ミランダ(山下 啓介)

ウィリー役:リチャード・ポートナウ(曽我部 和恭)

シスター・メアリー・アルマ役:ローズ・パーレンティ

スポンサーリンク

スタッフ

監督:エミール・アルドリーノ  製作総指揮:スコット・ルーディン

製作:テリ・シュワルツ     脚本:ジョセフ・ハワード

スポンサーリンク

『天使にラグソングを』挿入歌

“I Will Follow Him”

I Will Follow Him  [日本語訳付き]  天使にラブ・ソングをより

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました