スポンサーリンク

チョコレートのカカオ!健康効果あり?いい事いっぱい毎日の習慣に!

チョコレート効果

この記事ではチョコレートのカカオは健康効果があるのかどうかお伝えしていきます!

日々口にしていくものですから、毎日の習慣化が重要になってくるのですが、その際に意識しておくべきことを含めご紹介していきますね。

チョコレートのカカオで健康効果がある習慣化で、あなたも充実した毎日を送ってみてください。

スポンサーリンク

チョコレート効果

チョコレート好きな方って結構いると思いますが、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールって健康効果がたくさんあるって知ってましたか?

1日20gのチョコレートで動脈硬化による心臓病リスクが回避できるそうです。

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールにはさまざまな効果があり、LDLコレストロールが活性酸素によって悪玉化して動脈硬化を引き起こすことを防ぎ血管も広げる作用もあり、高血圧、冷え性、血栓の予防にもなります。

オススメはダントツで高カカオチョコレートで、高カカオチョコレート30gに対し食物繊維が

約5g。

商品イメージとしてカカオ72%チョコレートだと6個分です。

 

1日に30g(6枚)を6回に分けて食べることで、体内にポリフェノールがたまり、高い抗酸化作用が期待できます。ちなみに1日30g食べるとカロリーが168kcalになります。

年代別女性の変化

実験期間を設けて、30代、40代、50代女性3人を対象とし、1週間たつ頃40代女性の変化が出てきました。

もともと便秘気味で、3日に1度ペースだったのが規則的にトイレに行けるようになり、多い時は1日2回のお通じになったそうです。

なぜなのか慶應義塾大学の井上教授に聞いてみると、チョコレートは食物繊維をたくさん含み食物繊維が大腸の働きを活発にすることにより排便を促すそうです。

つまり、チョコレートが食物繊維不足を補い便通改善を促すと考えられます。

 

ちょうど同じ頃30代女性にも変化が現れていました。私はよく映画を見るのですが、終わったあとによく口の中が粘ついたりにおいがしたのですけどそれがほとんどなかったっていう印象があります。なんと気になっていた口臭がチョコレートを食べ始めてから改善されというのです。

口臭の原因の1つフゾバクテリウム。カカオポリフェノールの持つ抗菌作用がその菌を抑制し口臭が減少したと考えられます。

チョコレートの同じカカオを含むココアを飲んでもらい、においを測定する実験を行ったところココアを飲んでいる期間は確実に口臭が減少したそうです。

チョコレートを食べて虫歯になる原因は中に含まれる砂糖にあり、虫歯菌は砂糖をエサにして接着剤のような物質を作り、これがある事により歯に引っつき虫歯をができる原因になるそうです。

カカオは、虫歯菌の接着剤を作る力を弱める効果があり歯に引っつきにくくするため、虫歯を抑制する効果があり、カカオポリフェノールの持つ強い抗菌作用が、歯周病の菌まで死滅させるのでチョコレートに含まれるカカオはお口のケアにピッタリなんです。

2週目が終わる頃、冷え性に悩む50代女性に変化があり、高カカオチョコを食べた時チョコの作用で、血液循環がよくなるからか、ふわーっと温かくなるそうで今年はあまり冷え性を感じないとの事でした。

ココアを飲んだ時だけ温度の高い時間が長くなりお茶やコーヒーでは効果は得られないそうです。

カカオに含まれるテオブロミンという物質が関係していると考えられています。

このテオブロミンには、手足などの末梢血管を拡張し、血流の流れを良くする作用があり、冷え性が緩和されるそうです。

夏場に冷え性で困っている女性におすすめで暑い時に冷たいアイスココアを飲んでも手足はあたたかくて体はクールダウンといった効果があるそうです。(引用元:nhk.or.jp)

スポンサーリンク

まとめ

チョコレートを食べるとカフェイン、テオブロミン、チロシン、トリプトファンなど気分を高める化学物質のミックス効果と美味しさで気分がよくなることが科学的にも証明されている。

出来るだけカカオの含有量が高いダークチョコを選ぶことが大事で、ミルクチョコより健康面でのメリットもあり、脂肪分も少なく抗酸化物質も多く含んでいるので美味しく食べて健康効果に役立てましょう!

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました